アイデックスラボラトリーズ株式会社RECRUITNG SITE

代田橋オフィス

2014年5月、アイデックス ラボラトリーズは、本社を東京都三鷹市から杉並区に移転しました。社員の声も取り入れながら、これまで以上にコミュニケーションが活性化されるようデザインされたオフィスを一部ご紹介します。

レセプションエリア

  • work_office_p1

    エントランス

  • work_office_p2

    製品展示室

セキュリティの維持とブランドイメージの訴求を意識したデザインになっています。
エントランスは、コーポレートカラーや動物のモチーフをアクセントに用いており、明るく開放感がある雰囲気でお客様をお迎えします。
エントランスの扉を開けた先は、製品展示室です。
ゆったりとした空間で、実際の製品やパンフレットをご覧になりながら、アイデックスのバリューを体感して頂くことができます。

ワークスペース

  • ワークスペース1

  • ワークスペース2

部署の特性を活かしたワークスペースでコミュニケーションの活性化と生産性の向上を図っています。

標準的なレイアウトは、ワークスペース1のタイプ。個人作業に集中しやすい環境を整えつつ、風通しの良い雰囲気になっています。

ワークスペース2のタイプは、お客様と電話でのコミュニケ―ションが多い部署向けです。横側にもパーテーションを設け、顧客対応に集中しやすいレイアウトになっています。ワークスペースの椅子は、複数の候補の中から実際に座り心地等を社員に確かめてもらい、投票により決定しました。

コミュニケーションエリア

  • work_office_p5

    来客用会議室

  • work_office_p6

    ミーティングルーム

  • work_office_p7

    オープンスペース

  • work_office_p8

    カフェテリアスペース

シーンや用途に応じたコミュニケーションが活性化されるように様々なタイプのコミュニケーションエリアを設けています。

来客用会議室やミーティングルームは、ガラス張りになっており、情報セキュリティやプライバシーに配慮しつつ、解放感があるスペースになっています。
また、ちょっとしたことでも気軽に相談したり、意見交換ができるよう、オープンスペースも設けました。

グリーンを基調にしたナチュラルな雰囲気のカフェテリアスペースは、社員の憩いの場です。ランチタイム時には、個人用スペースで静かに読書をしたり、同僚と会話を楽しみながら、休憩する姿が多く見られます。

カフェテリアスペース横のグラフィックウォールは、ワークスペースの椅子と同様、社員の投票により決まったデザインになっています。

多目的ルーム

  • 多目的ルーム

アイデックスの一角に設けられている多目的ルーム。白木の温もりがあたたかい印象を作り出しています。

こちらの多目的ルームは、アイデックスのWellness文化の発信拠点。
日々のポジティブな仕事、人間関係、生活の為にアイデックスではWellnessを積極的に推進しています。
各々がヨガや筋トレなど、個人のニーズに合わせたWellness活動を通じて、心身共に健康的な生活を送っています。