アイデックスラボラトリーズ株式会社RECRUITNG SITE

検査 病理検査技師

言葉なき動物に代わり体の状態を伝えるやりがい

検査 病理検査技師 M・F

大学卒業後、臨床検査技師の資格を取得。臨床検査センターに就職し、実験動物病理の標本作製に従事。その後、患者さんとの関わりを実感できる仕事を求めて治験コーディネーターとしての経験を積む中で、自分には検査業務の方が向いていると気付き、病理検査の実務経験を活かせるアイデックスラボラトリーズに入社。

検査サービス事業部は、動物病院や獣医さんからの依頼に基づいて検査実務を実施します。このうち、私が所属する病理チームでは、社内の診断医がペットの病気・疾患を特定するための標本作製を担当しています。

具体的には、動物病院から病気などで異変が生じたペットの臓器や細胞などがIDEXXに届きますので、私たちは、これらの細胞に着色したり臓器の一部を切り取ってスライドガラスに載せたりして、標本を作製します。ここまでが病理検査技師としての仕事です。私たちが作成した標本は、社内の診断医が顕微鏡などで観察し、病名や原因を突き止めて依頼主の方に診断書を提出するために使われます。そして、獣医さんは、この診断書に基づいて治療を施していきます。

実務では前職の標本作製の経験が役に立っていますが、今の職務が以前と大きく異なるのは、プレッシャーの大きさです。以前は病名や疾患の原因が最初から分かっていたので、標本を作製する際も、とるべき手順や目指すべきゴールが見えていました。しかし今は、病名が分からない状態からスタートします。

例えば、病変を起こした臓器が丸ごとホルマリン漬けで届く場合があります。同じ臓器のなかでも、部位によって病変の程度や状態は異なります。私たちがどこを切り取って標本にするかによって、診断医の判断も変わってくるのです。具合の悪い動物に適切な治療を施せるかどうかは、自分がつくる標本のクオリティにかかっている――責任の重さを常に感じる一方で、その分、自分の仕事の成果がペットや飼い主の方の助けになるという意味で、やりがいや手ごたえも十二分に感じています。

また、動物医療が進んでいるアイデックスの米国本社では、より高度な検査体制が整備されています。日本で病名や原因を特定しきれない場合でも、本社と連携をとることで解決できるケースが多くあるのです。これは、競合他社と比べた場合の大きなアドバンテージであり、自分にとっても非常に勉強になります。こういった強みを活かしながら自分自身やチームのパフォーマンスを高め、ひとりでも多くの獣医さんや飼い主の方から信頼していただける検査体制づくりを実現させたいと思っています。

アイデックスで働く魅力

私が入社したばかりのころ、病理チームは作業内容によってスケジュールを区切っていました。しかし、ずっと同じ作業に従事していると集中力を維持しづらくなりますし、検査機器も、自分が使っている機器を他のチームメンバーも使いたかったり、一方で稼働していない機器がある状態になることがありました。

そこで私は、ローテーションを組んでさまざまな作業を同時進行させることを上司に提案したところ、あっさりと提案が採用され、より効率的に業務を進めることができるようになりました。これは、誰もが物おじせずに意見を言える自由な風土と、誰の意見にも耳を傾ける柔軟性が根付いている現れだと思います。自由で柔軟性に富んだ社風のなかで、仲間と力を合わせて成長を目指せるところが、一番の魅力だと思いますね。

ある1日の流れ

平日はシフトによって4パターンの動き方があります。
ここではそのうちの1つを紹介します。

  • 8:00

    出社

    前日夜から標本をデジタルイメージで取り込んであり、それが完了していることを確認し、各診断医に割り振る。
    ※デジタルイメージによって、外部診断医に標本を送付することなく、専用サイトからリアルタイムでの診断が可能となります。

  • 8:30

    搬入された検体の開封、病理検体の受付

    検体容器が小さいものもあるので、緩衝材にまぎれて紛失しないように、また、依頼書に記載された容器数と実際の数が合っているかなど、気をつけながら作業します。

  • 9:30

    細胞診検体の受付、標本の染色・封入

    依頼書記載されている数と実際の標本枚数があっているかどうか、提出材料によって検査項目が異なるため提出材料は何であるか、などに注意して作業します。

  • 10:30

    受付された病理検体の切出

    依頼書に記載された内容をよく読み、提出臓器の病変部を見つけ出し、適切な大きさに切出します。 ここでの作業が診断に影響を与えるので、慎重に作業しなければなりません。

  • 13:00

    休憩

     

  • 14:00

    午後業務

    病理診断医が診断した検体の報告書を発行・校閲し、システム上から送付、同時に、病院からの問い合わせ対応

  • 17:00

    退社

    日によって業務が多く残業になることもあります。